ソーラーシェアリング紹介

ソーラーシェアリングは、畑の上に間隔をあけて、細い太陽光発電パネルを設置し、農業と発電事業を両立させる方法です。ほどよい日影ができるので、収量が上がるケースもあります。匝瑳発電所はスマートターン方式で、パネルが太陽の方向を向くように追尾するので、パネルを固定する方式より発電量が多くなります。