大三島災害ボランティアの活動報告

しまなみ海道復興支援団体『NPO 災害ボランティアOHANA』 藤田さんより活動報告をいただきましたので、ご紹介します。

2018年7月の西日本豪雨の西日本各地の広範囲の被害に際し、 自分たちに何ができるか考え、 自分たちにできることをできる範囲でやろうと動きだしたところ、 NPO(ボランティア)団体の設立にいたりました。 阪神淡路大震災、東日本大震災・・・、これまでの災害に際しては、 つなぎ役、後方支援というかたちでの関わってきていたので、 最前線にて直接に関わることはあまりなかったのですが、 今回の豪雨災害は、自分の暮らす地(島)でも被災があり、 ボランティアの募集や、ボランティアの宿泊先支援など、 自分たちにできる範囲でなにかしらできることをできる範囲でと 関わりをはじめたら、あれよあれよという間に、 すっかりどっぷりと関わってきてしまい、気づいたら、 「今治市災害ボランティアセンター」の構成団体にもなってました。

ボランティアの受け入れ、ボランティアの宿泊支援のほか、 「NPO今治センター」と協働で、 しまなみ海道の島嶼部、 大三島、伯方島の被災地にて、 復興作業などを行ってきました。 7/31までは、今治市災害ボランティアセンターとして、 ボランティアセンター閉所後の8月以降は、 『NPO 災害ボランティアOHANA』単独で (「NPO今治センター」「今治社会福祉協議会」に協力をえつつ) 大三島、伯方島の被災地にて、 復興作業などを行ってきました。

<主な活動内容> ・拠点づくり=   ベースの設置・運営(ニーズ相談・現場調査・資機材管理シェア、ボランティア受け入れ、ボランティア宿泊受け入れ) ・ボランティアセンター

<主な活動地と作業内容> ・大三島・上浦の住宅地でのボランティア募集と土砂だし作業、重機による活動(家屋内外、土砂流木類の撤去) ・大三島・宗方の住宅地でのボランティア募集と土砂だし作業、重機による活動(家屋内外、土砂流木類の撤去、水切り・排水路確保) ・大三島・野々江の住宅地でのボランティア募集と)土砂だし作業、重機による活動(家屋内外、土砂流木類の撤去、土砂斜面のブルーシート張り ・大三島・宮浦・深山の住宅地でのボランティア募集と土砂だし作業、重機による活動(家屋内外、土砂流木類の撤去、土砂斜面のブルーシート張り) ・伯方島・有津の住宅地でのボランティア募集と土砂だし作業、重機による活動(家屋内外、土砂流木類の撤去) ・伯方島・伯方町伊方の住宅地でのボランティア募集と土砂だし作業、重機による活動(家屋内外、土砂流木類の撤去、土砂斜面のブルーシート張り) ・大三島・上浦町・盛の柑橘園地での土砂だし作業、重機による活動(土砂流木類の撤去)

<現在及び今後の活動> 2019年3月いっぱいで今治市内での活動は一区切りとし、現在は「チーム愛媛」の構成メンバーとして、宇和島の被災地の中間支援等を行っています。 また、現在の復旧作業と今後の防災・減災に備える取り組みを強化するための人材育成、ネットワーク作り等を行っています。

<カンパ・支援金 送金先> ゆうちょ銀行 16120 24431671 (記号 番号) しまなみ海道復興支援団体『NPO災害ボランティアOHANA』 シマナミカイドウフッコウシエンダンタイエヌピーオーサイガイボランティアオハナ しまなみ海道復興支援団体『NPO 災害ボランティアOHANA』 代表:藤田 康祐樹 住所:愛媛県今治市大三島町宮浦5341 TEL:(0897) 82-0023 HP(facebookページ): https://www.facebook.com/npofukkouohana/