発電所情報

日本ではまだまだ再生可能エネルギーは制約が多く、コストも高く、FIT(固定価格買取制度)買取価格もどんどん下がるし、イマイチ伸びないよねーと思われている方も多いかと思います。

しかし、すでに、日本の電気も真夏のピーク時には太陽光発電の比率が30%近くになっているのです。もちろんドイツなどではもっと、再生可能エネルギーの電気が90%を超える日もあるようです。

再生可能エネルギーは目に見える力を持つようになってきました。しかも日本での潜在能力は、日本の電力需要の何倍もあります。再生可能エネルギーの力を、この日本で「開放」するために「イージーパワー株式会社」は誕生しました。

まずは身の丈サイズの太陽光発電からはじめ、できるだけ早く、バイオマスや小水力発電、そして風力や地熱発電にもチャレンジしたいと考えています。次々と発電所をつくっていくため、皆さんの力で応援してください。

 

【イージーパワーの発電所】

 

 発電所名所在地規模事業費概要連携する地域事業者
《稼働中》大泉1、2号山梨県北杜市114kW2,200野立て山梨自然エネルギー発電(株)
《稼働中》匝瑳1号千葉県匝瑳市56kW1,650ソーラーシェアリング 市民エネルギーちば合同会社
《建設中》匝瑳2号千葉県匝瑳市56kW1,650ソーラーシェアリング 市民エネルギーちば合同会社
《稼働中》大泉3号山梨県北杜市63.75kW1,253野立て山梨自然エネルギー発電(株)
《建設準備中》増富1号山梨県北杜市500kW10,800野立て山梨自然エネルギー発電(株)

野立て:屋根ではなく、平地に設置する方法。山梨自然エネルギー発電(株)は、もう20年以上「単管パイプによる架台」という工法で発電設備をつくっています。風や雪による被害も全く出していません。

ソーラーシェアリング:畑の上に間隔をあけて、細い太陽光発電パネルを設置し、農業と発電事業を両立させる方法。ほどよい日影ができるので、収量が上がるケースもあります。全国各地で広がる「耕作放棄地」を再び耕地に戻し、有効活用できます。

大泉1、2号発電所

大泉差し替え

 

匝瑳市の発電所予定地に隣接するソーラシェアリング発電所

千葉差し替え